男女

事業拡大を狙うのならM&Aのメリットを知ろう

企業を売却する流れ

オフィス

中立の専門家

m&aとは企業の統合・合併等の意味で使用されています。経営環境の悪化や親族への承継を避けるといった理由で、経営を大きな企業に引き継いでもらう事で、近年活発に行われています。売り手は経営不振を回避でき、買い手は事業の拡大や新規参入できたりと、m&aには双方メリットがあります。m&aで売却する場合、第一に本当にその道が正しいのかや、優先する方針決める必要があります。その場合、客観的な立ち位置の機関であるm&a専門会社に間に入ってもらう事が多いです。つまりまずはm&a専門会社選びから始まります。中立の専門会社が決まれば、契約を行い方針や売却価格を決めていきます。売却価格は自社の資源や負債など総合的に検討します。この時、経営者の希望価格も含めて検討します。これらが決まれば次に買い手の検討です。専門会社から買い手の候補をあげてもらいます。そこから候補会社を絞っていきます。この候補を数社選ぶ際も、経営者同士で面談を行います。セッティングも専門会社の仕事です。買い手が決まり基本的な双方合意が実現すると、買い手から調査があります。事業の事や労務に関して調査されるので、売り手は事実を隠蔽する事なく情報を提供する様にします。詳細調査が終了して合意事項が決まると売却価格を決定していきます。最後に株式譲渡等の内容を定めた契約書を交わすとm&aは終了です。以上の流れで行われていきます。基本的に経営者の意向を反映させたm&a専門会社が主動で動きます。