レディ

事業拡大を狙うのならM&Aのメリットを知ろう

収益戦略として用いられる

握手

商社では日常的に実施

M&Aは会社を吸収合併する事です。目に見えるような企業買収の方法や、株式譲渡などによる経営資本の移動でも行うことができます。M&Aは商社などでは日常的に行われている取引になります。多くの子会社を有している商社では、M&Aを上手に利用して収益を上げています。もちろん分社化した子会社を逆に売ることで収益を上げることもあります。商社は世界経済の流れを見て、儲かりそうな事業を中心に経営活動を行っています。そのため、上手にM&Aを利用すると効果的な収益を上げることができるメリットがあるのです。商社以外の事業でも利用することはあります。しかしその場合の目的は企業買収における収益だけでなく、事業の拡大や異業種参入といった明確なビジョンのもとにM&Aのメリットを利用するケースが多くなっています。ライバルが減少したり、シェアを拡大することなど限られた成熟市場におけるマーケットの戦略は、シビアなのです。その中で最もメリットのある方法が企業買収なのです。異業種への参入にも、メリットがあります。時間のかかる準備やマーケティングなどに時間をかけては、市場の需要は遠ざかってしまいます。思い立った時にすぐに実益のある事業を展開できるのが企業買収なのです。そのため、投資金額が多少高くても実行するケースが多くなっているのです。M&Aは欧米では日本以上に盛んです。しかし企業理念の異なる異国間でのM&Aはリスクが伴う事もあるため、注意が必要です。

会社を大きくする方法

ビル

企業買収には様々なメリットがありますが、中でも時間をかけずにビジネスを拡大できる点が大きいです。また、自社のビジネスとのシナジー効果によるリターンや優れた技術や人材の確保など多くのメリットがあります。いかにうまく企業買収を行うことができるかが、優れた経営者の条件と言えるでしょう。

企業を売却する流れ

オフィス

m&aは買い手も売り手もメリットがある手段です。しかし元々違う会社同士が1つになるので、様々な調査や擦り合わせが必要になります。売り手の場合、会社の価値を客観的に見れる第3者が必要になります。m&aに関するアドバイスや契約に関する事を、専門会社が間に入って行います。

企業の合併や買収を支援

男の人と女の人

企業には合併や買収が付きものですが、そのような時にサポートするのがm&a仲介会社です。例えば事業の後継者がいない場合は、売却して従業員の雇用や技術を引き継ぎます。m&a仲介会社は適切な買収会社を見つけてマッチングします。また事業を拡大したい企業に対して、適切な買収をサポートします。